Blogs

松岡先生の東大時代の上司である米澤先生が紫綬褒章を受賞されました

松岡先生の東大時代の上司である米澤先生が、

情報科学研究分野の功績により、紫綬褒章を受賞されることが

11月2日付で政府より発表されました。

Category:

松岡先生がマイクロソフト大手町テクノロジセンター開設セレモニーに出席しました

マイクロソフト株式会社が各種検証の支援やソリューション開発などを行う「マイクロソフト大手町テクノロジーセンター」を開設し、
10/6に同センターにて開設セレモニーが行われました。
東京工業大学学術国際情報センター教授として同センターの開設に協力した松岡先生も出席し、
現在取り組んでいる3ペタフロップスの世界最速となるスーパーコンピュータの開発や、
GPUなどの次世代スーパーコンピュータ技術の活用などでマイクロソフト社と協力関係にあることに触れ、
研究開発の面においても同センターが有効な施設であることを述べられました。
詳細およびセレモニーの写真は、以下の記事をご覧ください。

Category:

本研究室の額田氏が山下記念研究賞を受賞

情報処理学会が優秀な論文を表彰する山下記念研究賞において、
本研究室の額田彰氏が受賞者に選ばれました。
表彰された論文は以下です。

発表学会:SACSIS2008
論文題名:CUDA環境における高性能3次元FFT

表彰式は平成22年3月9日(火)~11日(木)に開催される
第72回情報処理学会全国大会にて行われる予定です。
額田さん、おめでとうございました。

Category:

SWoPP2009に参加しました

去る8/4・5・6の3日間に渡り仙台で開催された、SWoPP2009に参加しました。
SWoPP前日の8/3には日韓グリッドシンポジウムが開催され、
本研究室の研究員の佐藤仁氏、修士2年の佐藤賢斗氏が
それぞれ取り組んでいる研究内容を発表しました。

SWoPP2009では本研究室の遠藤先生、修士学生の長坂君、島田君、國府が発表しました。
発表が終わったあと、仙台ではちょうど七夕祭りが開催され、
前夜祭の花火などを楽しむことができました。

発表者のみなさん、おつかれさまでした。

Category:

東工大TSUBAMEが2009年6月のスパコン性能ランキングで国内大学1位を達成

ISC2009で発表された2009年6月のスーパーコンピュータ性能トップ500リストにおいて、
松岡教授が設計した、東工大の「TSUBAME Grid Cluster」は
Linpack性能87.01Tflopsを記録し、東京大学の82.98Tflopsを抜いて国内大学1位を達成しました。
この記録は日本4位、世界41位に相当します。

前回2008年11月での記録の世界29位からはランクダウンしましたが、
性能は77.48Tflopsから約10Tflops 向上しております。
この性能向上は本研究室所属の額田研究員によるGPU用BLAS(線形代数演算)ライブラリのチューニングと、
遠藤准教授のLinpack実装の改良によるものです。

参考リンク
http://www.top500.org/list/2009/06/100

Category:

松岡先生が過去ご指導されていた五十嵐健夫先生のインタビュー記事

松岡先生が東京大学工学部講師時代にご指導されていた、
東京大学情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻の五十嵐健夫先生の
インタビュー記事がリクナビに掲載されています。(記事はこちら

五十嵐先生はインタビュー記事にて、ユーザインタフェースとの出会いや、
海外でのインターンシップを決意されたきっかけとして、
松岡先生のご指導が大変参考になったということをお話されています。
ぜひご一読ください。

Category:

本研究室の額田彰氏が、SACSIS2009最優秀論文賞を受賞しました

本研究室の研究員である額田彰氏が、来る5月に開催される

SACSIS2009へ投稿した論文:

「CUDA GPU向けの自動最適化FFTライブラリ」

において、最優秀論文賞を受賞しました。

額田さん、おめでとうございます。

Category:

情報処理学会会誌に東工大GSIC/Compviewからのアクセラレータ記事が掲載されました

情報処理学会会誌「情報処理」09年2月号に、東工大GSICおよびGCOE Compviewから、

多数のアクセラレータ記事が掲載されました。

松岡教授、遠藤助教授も記事を執筆しました。

 

詳細は以下のとおりです。

 

情報処理学会会誌「情報処理」 vol50. no2

Category:

修士・学士論文発表 お疲れ様です。

佐藤です。

今年も修士論文発表、また、卒論発表が無事終了いたしました。

発表準備等に追われたM2の皆様、特には初めての発表に徹夜の日々を送ったB4の皆様、本当にお疲れ様でした!

Category:

SC08 in Austin, TX

11/15-11/21に、アメリカのテキサス州オースティンで開催された、SC08 (Super Computing 2008)参加いたしました。

SC08は、IEEEとACMが共同で開催し、世界中のSC関連の研究者や企業が一同に介するSuper Computing分野における最大規模の学会です。
 

チュートリアル、ワークショップ、テクニカルペーパーやパネルディスカッション、また、各企業や大学による展示も行われており、SC分野の最新の研究や動向をつかむことが出来ます。

今年はTokyo Techとして展示もおこないました。

 

Category:
Copyright (c) 2010 Tokyo Institute of Technology. Matsuoka Labo. All Rights Reserved.